skip to Main Content

MICROSOFT向けIPAM

Infoblox IPAMでMicrosoftへの投資を有効活用

「Infobloxを選択した大きな要因として、Microsoft Gold Partnerであり、DDIソリューションがActive Directoryと連携することが挙げられます。Infobloxを導入したことで時間を大幅に節約できるようになりました。Infoblox導入以前では、全てのIP管理はミスを招く可能性のある手作業で行われ、必要とする可視化機能もありませんでした。いずれにせよ現在私たちの環境が劇的に改善されたことは間違いありません。」

Preston氏、ITアーキテクト、アメリカ国防総省

効率性、可視性、セキュリティを最適化

ITに関する正しい意思決定は、IPアドレスマネジメント(IAPAM)システムにおける正確かつきめ細かいアドレスレベルの詳細情報と直接的に関係してきます。

Microsoft IPAMでは、現状のネットワークトポロジとMicrosoft Active Directory(AD)に格納されている情報との間に差異が生じてしまいます。このことは、ユーザー認証やファイルの可用性等の基本サービスの停止に繋がりかねません。さらに、MicrosoftサーバIPAMは単一のフォレストに制限されており、複数のフォレスト管理には複数のサーバログインが必要となります。

Infoblox IPAMは、Microsoft ADサイト/サービスとシームレスに連携し、ADとネットワーク管理者双方のギャップを埋めることができます。更にInfobloxはMicrosoftフォレストと連携し、Microsoftの環境全般を統一されたGUIで一元管理することが可能となり、卓越した可視性、運用効率、そしてサービスのアップタイムを実現します。

Microsoft向けInfoblox IPAMの特長:

  • Microsoft ADを変更することなく、エージェントレスかつシームレスなIPAMの導入を実現します
  • 全てのドメインおよびフォレストに渡り、包括的な可視性を提供することで一元管理が可能になります
  • 広範なレポーティング、監査およびきめ細かいアクセスコントロール機能を提供します
  • シングルロケーションからMicrosoft DNS/DHCPサービスとIPアドレスを管理することができます
  • 感染デバイスのオーナーまたはユーザーを迅速に特定し、Infoblox IDマッピングで被害の軽減対策を開始します

迅速なエージェントレスのIPAM連携

Infobloxは、Microsoft Active Directoryや既存のアプリケーションを変更することなく、シームレスかつエージェントレスのIPAM導入を可能にします。InfobloxはMicrosoftで使用されている同一のネイティブプログラムコールを用いてシームレスに連携することができます。

複数のドメインに渡りWindowsサーバを管理

Microsoft向けInfoblox IPAMは、全てのドメインとフォレストに渡り包括的な可視性を提供します。例えばM&A(吸収合併)の際にも、重複するIPアドレスによるネットワークの停止を招くことなく、Infoblox IPAMは複数のフォレストの管理をサポートします。

コンプライアンス要件や監査に迅速に対応

Infoblox IPAMでは、広範なレポーティング、監査、セキュリティ機能を提供しています。コンプライアンスとレポーティング向けに全てのIP関連の運用を自動的に記録することができます。またMicrosoft向けInfoblox IPAMはきめ細かいコントロール機能を備えており、Microsoftサーバにはないセキュリティレベルを実現します。

双方向的な同期により一元管理

Infoblox IPAMにより、Microsoft DNS/DHCPサービスや Infoblox IPアドレスをシングルロケーションより管理することができます。Microsoftユーティリティを用いたDNSの変更は自動的にInfobloxに反映されます。

エンドユーザーを容易に特定

Infoblox IDマッピングでは、IPアドレスとエンドユーザーのIDを紐付けることでコンテキスト情報を提供し、1つのInfoblox権威IPAMデータベースに全てマッピングされます。

INFOBLOXの特長

Infobloxは、IT部門でMicrosoft ADやその他のMicrosoftサーバロールのメリットを活用しつつ、DDIサービスの質の向上あるいはMicrosoft DDIサービスからの完全な移行を可能にします。Infobloxの特許取得済みのGridテクノロジーを活用することにより、Microsoft環境を補完・最適化し、運用効率、可視化、一元管理を実現します。

主な機能

AD連携

Microsoft Active Directoryに変更を加えることなく、シームレスかつエージェントレスのIPAM導入を実現します。

一貫性のある一元化されたUI

Microsoftおよびそれ以外のデバイスに渡り、統一されたUIで双方向的な一元管理を可能にします。

管理下にないデバイスとネットワークディスカバリ

ネットワークに接続された全てのデバイスをディスカバーし、管理下に置くことができます。

属性の拡張

メタデータで主要なIPリソースをタグ付けすることにより、データをより効果的に編成・共有することができます。

ワークフローの連携

単一のUIからワークフローを自動化し、IPアドレスを割当て、ポート管理のステータスをコントロールすることができます。

包括的なネットワークディスカバリ

Infobloxのネットワークインサイトにより、プロトコル、ネットワークインフラ、エンドホスト、接続状況、スイッチポートデータを一元的に可視化することができます。

関連ソリューション

デジタルエコノミー
デジタルエコノミーに対応したネットワークを実現

次世代データセンター
次世代データセンターの真のアジリティを獲得

InfobloxとMicrosoft
Microsoftテクノロジーへの投資を最大化

関連資料

Back To Top